インターネットを使う即日キャッシングの借り入れ

高齢者は借り入れが制限されることもある

シニア世代がキャッシングを利用するときに、まず気をつけなければならないのが上限年齢です。ほとんどの銀行系や信販系のカードローンの申込み上限年齢は65歳になっています。消費者金融の場合はもう少し緩やかなことがあります。年収などに自信があっても、上限年齢を超えての融資はまず断られます。

シニア世代の場合は、シニアローンなど、シニア向けと謳っている商品が、審査に通りやすく安心です。まずお勧めしたいのが、銀行や信用金庫でのシニアローンです。75歳程度まで契約できるところがほとんどです。年金受け取りに指定した人に限るなどの条件があります。融資額は低いのですが、金利も数パーセントと低く、安心して借りられます。

審査を通るコツは、他社借入が多くないことや返し遅れのないことです。あとは安定した収入があればほぼ大丈夫でしょう。少し金利が高くなりますが、消費者金融も選択肢のひとつです。多くの消費者金融は上限年齢を70歳に設定しています。

消費者金融のアコムや他社大手業者であっても、審査基準は、若い人と同じです。収入の安定や、個人信用情報などをチェックされます。会社によっては年金だけの収入では断られてしまうこともあります。

一度申込みをすると借金を申し込んだという履歴が残ってしまい、審査に不利になることがあります。シニア世代の場合は、申込みをする前にお問い合わせをすることをおすすめします。

© インターネットを使う即日キャッシングの借り入れ